軽い気持ちでお金を借りた結果の自己破産

軽い気持ちでお金を借りた結果の自己破産

ちょっと恥ずかしいのですが、過去に自己破産をした経験をお話ししたいと思います。

 

最初は生活費に充てるため、軽い気持ちで借り入れました。

 

しかし本来の目的である生活費ではなく、友人と食事をするために使ったり、
また、ブランド物を買うために使ったりで、瞬く間にお金を使ってしまい、返済に困るようになりました。

 

仕方なくもう一社から借り入れをして、それと給料とで何とか工面をしていましたが限度があり、もう一社から借りようとしたのですが、
既に百万ほどを借りていたため、十万ほどしか借りられませんでした。

 

そこで消費者生活センターに行き、相談すると、債務整理をした方がいいといわれてパンフレットをもらいました。

 

その後、知っている司法書士の方の事務所に行って相談したところ、任意整理は難しそうだから自己破産がいいですねといわれ、
多少悩みましたが、結局自己破産をすることにしました。

 

一人暮らしなので、書類をそろえるのは簡単でしたし、クレジットカードもほとんど使わなかったので、
その点でのデメリットは感じませんでした。ただ今の賃貸マンションにそのまま住めるのかどうか不安でしたが、その心配も無用でした。

 

幸い金融関係の仕事ではなかったため、停職になることもなく、特に周囲に知られることもなく7年が過ぎ、ブラックも消えました。

 

しかし、軽い気持ちでお金を借りるととんだことになると思い、今後は自重することにしています。

自己破産について解説をします

自己破産とは、資産をすべて手放すことで、借金をすべて帳消しにできる手続きのことです。

 

借金の返済ができなくなってどうしようもなくなったときにとる最後の手段といえます。

 

自己破産をすると、会社をクビになるとか、戸籍に一生記録が残るとか、パスポートがとれなくなるといった噂がありますが、
これらの噂はデマであり、そのようなデメリットはありません。

 

自己破産は、借金が増えすぎて生活破綻に陥った人が人生を再スタートするための手続きですので、
会社をクビになったり差別を受けたりするというデメリットがあったらその目的は達成されません。

 

自己破産をしても、家電や家具、その他生活に必要なものは手元に残せます。

 

また、資産価値のない中古車なども手放さなくてすむ場合があります。
自己破産をすることのデメリットとしては、信用情報がブラックになるので5年から10年の間はクレジットカードやローンの審査に通らなくなることがあります。

 

しかし、そのデメリットを考慮しても借金をすべて帳消しにできるというメリットのほうがはるかに大きいでしょう。

 

注意すべきなのは、破産宣告をうけただけでは借金はゼロにはならず、借金をゼロにするには免責がおりる必要があります。

 

借金をした理由がギャンブルであったり、不正を行なってお金を借りた場合には免責がおりない場合があります。
免責がおりないと自己破産をしても借金は残ります。

自己破産の決断をしました

自己破産を決意したのは、借金額が600万円を越えた時でした。

 

そもそも私がそこまで多額の借金をしたのは親の借金、私自身の事業の失敗などが続いたことがきっかけでした。
最初に借りた金額は10万円程度だったと記憶しています。その時はすぐに返済をすることが出来ました。

 

そこで、私はお金は借りてもすぐに返すことが出来ると勘違いをしてしまったのかもしれません。

 

何度も借り入れを繰り返し、気が付いた時には毎月の返済額が20万円以上となっていました。

 

生活にも困るようになり、本格的に弁護士に相談することにしました。
ちょうど、無料相談会が近所で行われるということで、迷わず相談にいきました。

 

状況を聞いてくれた弁護士は、すぐに自己破産の手続きをしたほうが良いと言われました。

 

自己破産については、様々なデメリットがありますが、今の生活を続けていくよりは良いと感じました。
弁護士が自己破産の手続きをするためには着手金として費用が掛るということでした。

 

その金額を工面するのは簡単ではありませんでしたが、兄に頭を下げ用意しました。

 

手続きを開始してから、数ヶ月、無事免債決定し、600万円を超える借金は全て無くなりました。
少しでも信用を取り戻すことが出来るように頑張りたいと思っています。

関連サイト

  • 審査が甘い銀行系

    数ある銀行系ローンの中でも信頼性と口コミ評価が高い会社だけををランキング比較しています。